いるかんにっきぃ
私事のつまらない日記を書いたり、メイド喫茶について書いたり 取り留めもないblogになっております。
10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
踊らされているのぅ 
2006/04/04 [Tue] 01:32:18 » E d i t
Winny問題。
各企業は我先にとWinny対策ソリューション打ち出してますけどもね、
企業レベルじゃほっとんど意味無いっす。
最近はゼロデイアタックが進んできておりますけども、今のところはまだアンチウィルスで大体対応できます。
つまり、Antinnyも対応できると。
で、現行の各社の動きとしては、

 ・Winnyを起動させない
 ・Winnyが入っているか検知
 ・Winnyを削除する
 etc...

企業倫理的に会社でWinny等P2Pソフトを使ってると言うのは話にならないんですが、こういったソフトの対策ソフト・・・個人のPCに入れますか?
つまりは、会社の権限で個人のPCに強制力を働かせているわけですね。
まぁ使用者は入れないでしょう。
ネットワークに接続時に必ず入れるようにする(検疫ネットワーク)という手もありますが、
一般的に会社内のデータを持ち運びするケースで一番多いのは外部媒体(USBメモリ等)による移動ですよね。
さぁどうしましょう。

やるべきは企業としての、その企業に働く者としての倫理観が大事なんではないかな?と思います。
強制力を使ってやるなら官公庁様でされている個人PCの完全禁止並びに外部媒体の制限。

情報システム部に携わる方、総務系に携わる方何か対策を打ち出すときは本当に必要か本当に効果的であるかどうかを判断した上で話を進めるべきじゃないですかね?
まず手始めに社内運用をもう一度見直してみてはいかがでしょうか?
きっとそこから答えは見えてくると思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://irukan.blog9.fc2.com/tb.php/169-67854aab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。